Topics

面接必勝法

面接では、あなたが「会社にとって有益な人材であるのか」を判断されます。判断材料は、表情や言葉遣い、応答の仕方・内容などあなたが発信するすべてのものです。面接は、あなたと面接官の真剣勝負。こちらでは、面接を勝ち抜くためのアドバイスをご紹介します。

事前準備

徹底した企業研究、自己分析
面接で一番多く聞かれる項目が、志望動機。はっきりいえる方こそが希望企業をよく研究し、自己分析も十分に行っていると見なされます。事前準備をきっちりしてきた方の面接には会社側も力を入れます。逆に不十分な企業研究や自己分析では、会社側も力を抜きがちになり、面接官に質問されたときの言葉にも詰まってしまうことでしょう。そうなったら不適当な方と見なされ、面接をクリアすることは難しくなります。

面接に臨んで

清潔感をイメージさせる
言葉を交わす前、面接官の視線はあなたの外見に注がれます。立ち振る舞い、表情、身だしなみなどから、あなたがどんな人物であるか瞬間的にイメージしようとします。そこに求められるのは、あなた自身からにじみ出てくる清潔感です。一般的に求められる清潔感といえば、面接に相応しい格好をしているかどうかです。シワのないスーツや磨かれた靴、きちんとセットされた髪型、派手なアクセサリーはしていないなどで瞬間的に「身だしなみはきちんとできるんだな」と思わせることができれば、面接の第一関門はクリアしたといえるでしょう。

面接について(一次面接)

第一印象で引きつける
“人間の印象は5分で決まる”といわれることがありますが、面接でも同じ傾向がみられます。面接室に入り挨拶をしてから部屋を出ていくまで、第一印象がそのまま面接の最後まで残るのです。元気で明るい声や、堂々としたわかりやすい話し方が面接の合格確率をアップさせます。
企業側の視点で自己PR
面接では「採用側の視点」を意識して話すことが重要です。採用側の視点をまったく無視していては、どれほど流暢に話ができたとしても、それはあなたの自己満足にしかすぎません。会社側が求めるものとリンクした回答ができなければ、評価はしてくれないでしょう。面接官が望んでいるであろう回答を予想しながら、自己PRすることをおすすめします。

現在募集中の案件はございません

一覧に戻る

ページトップ

Copyright © e-製薬 All Rights Reserved.