Topics

転職を勝ち抜く!

製薬業界の転職事情は変革を迎えています。こちらでは、転職を成功へ導くアドバイスをご紹介します。

キャリアプランを立てる

ご自分のこれまでのキャリアや社会人としての経験、そして今後ご自分がやりたいことを整理した上で、目標の業種、会社、職種を選定しましょう。製薬業界においてあなたがどれだけ会社にそして世間に貢献できるか、今一度プランを組み立て直してみましょう。

転職動機を明らかに

転職のための動機、目標意識を明確に持ちましょう。面接の際には必ず聞かれる項目となります。堂々と答えられれば、面接合格の確率も上がります。ここが、あなたの熱意を伝えられるところなのです。

徹底した自己分析

これまで経験したことや学んだことを分析し、ご自分にとっての強みと弱み(経験的に足りないことや性格的なことまでも)を把握・整理しましょう。そうすることによって、どのようにして強みを転職に活かしていくのか、また弱みを補足していくのかが自然と明確になり、面接などでアピールしやすくなります。

コミュニケーション能力を磨く

新しい環境の中では誰でも初めは緊張するものです。ましてや、転職して1ヶ月くらいは緊張と新しい業務に追われ、なかなか環境に馴染めないことでしょう。その際、よりスムーズに職場環境に溶け込んでいけるコミュニケーション能力があれば、余計な緊張を生まずに済み業務にも支障がありません。

就業条件を確認

転職が決まる前に、新しい会社での人事制度や組織図、職務明細、教育制度、給与・福利厚生制度についてご自分の理想と相違ないか確認しておきましょう。満足のいく転職には重要なことです。

信念を固める

転職はモノを買うのと違い、簡単に換えがきくものではありません。最低でも3~5年間は勤務する心構えを持ってから、会社を選びましょう。また、それが信頼につながることも、念頭に置いておきましょう。逆に、転職を繰り返していては、信頼をなくしてしまう恐れもあるのです。目先の給与などではなく、中長期的な展望で転職を考えましょう。

現在募集中の案件はございません

一覧に戻る

ページトップ

Copyright © e-製薬 All Rights Reserved.