Topics

株式会社メディクロス

  • medicross_logo
  • medicross_01

管理部の武田シニアディレクター
にお話を伺いました。

メディクロスという社名の由来を教えて下さい。
医療(Medical)と虹の架け橋(Rainbow cross bridge)を語源としております。
メディクロスの強み、特徴について教えて下さい。
社員の働き易い環境を第一に考え、基本的には一人1プロトコール担当をモットーとして受託をしております。
会社の生産性や利益率を考慮すると、経営的には甘い体制とも言えますが、他のCROでよく耳にするように、プロトコールを複数掛け持ちすると業務量が膨大となり、モニターが疲弊し、業務遂行が困難になり、結果的に品質を落とすことにもつながります。一つのプロジェクトに腰を据えることで、適切な業務量となり、結果的に理想的なライフワークバランスが持続できると考えております。また、そのことで社員の離職率も低減されます。他のCROと比べて社員の定着率は高いと思っております。
当社の特徴として、試験の領域を絞らず、幅広い領域を受託しております。特化しないことで、様々な疾患領域を受託することが可能となります。また、多くのモニターが様々な領域の経験を積む事を希望しています。
さらに、グローバル試験の比率が高いのも特徴です。実績としては60%がグローバル試験となり、英語力を活かせるチャンスが多いのも特徴です。
昨今は、事業売却や吸収合併などCRO業界でも大きな変化を強いられる会社が多数ございますが、我が社は独立した会社であり、親会社の意向に左右される事も無く、安心して働けるのも魅力の一つであると考えております。
メディクロスの社風について。
一口で言うならば自由な社風です。
フレックスタイム制を導入しており、朝は8時台から10時まで自由な時間に出勤しています。また、朝礼も無く、定例的な会議もありません。ライフワークバランスを考慮して自分のペースで仕事をする事が可能です。
当社では、あえて自由な環境で個人の判断に任せており、自己管理を徹底しております。自己管理は、責任感を生み、やがてプロジェクトの管理へとつながります。
長時間労働が評価されるわけではなく、いかに効率よく業務を遂行するか、あるいは有限である時間の使い方をどう考えるか、で結果的に個人の成果も変わってきます。これらの自己管理能力も含めて会社は評価していきます。これらは、とても公平な職場環境になっていると思います。
medicross_02 社内の雰囲気

採用にあたり重要視している事項は何ですか?
新人の場合は4月5月に導入研修を行い、6月から10月にかけて、プレゼン研修、議事録作成研修、医薬品業界特有のメール作成研修、などメニューを細かく作って基本的なところから教育をしております。 また、より実践に近い研修として、SDV、施設選定等、事例に基づいた模擬研修も実施しています。 さらに、定期的に大学や大学病院の教授等、専門的な分野の外部講師も講師としてきていただきます。
そして、新卒から20代後半までの若い戦力向けに、教育研修専門会社主催によるタイムマネジメントやロジカルシンキング、傾聴力等の研修も実施しています。プロジェクト単位では、領域に近い学会やセミナーには定期的に参加していただきます。
年に2回、日本臨床試験学会のモニター認定試験が実施されますが、こちらの受験へのサポートや受験の為の外部の研修プログラムへの参加斡旋も行っております。
今後ますますGlobal Studyの受託は増加していく為、英語力強化も必要不可欠となっており、まずは社員自身が“学びたい”という意識を向上してもらうために、TOEIC手当を支給しております。
具体的には、TOEIC550点で5,000円を毎月支給し、以後50点刻みで5,000円が加算されます。
TOEIC800点以上は毎月30,000円の手当が支給されます。
支給については最大1年間を有効期限としており、年間3回まではTOEIC受験費用も会社で負担します。
また、有効期間内であってもいつでも受験ができ、TOEIC点数が前回を超えていれば、申請することで次月よりそのアップした点数で支給が開始されます。
また、新卒については7月から年末にかけて、2週間に1回の頻度で社内英会話研修も実施しています。
会社の今後の展望について教えて下さい
2013年11月にアイロムホールディングスの株式会社アイクロス(CRO)に出資し、数名を出向させています。臨床研究や第Ⅰ相試験など、アイクロスでは細かいプロジェクトを積極的に受託していっています。メディクロスとの共同で、このCRO2社を発展させてまいります。
創業8年目で社員数がようやく100名弱まで拡大しましたが、急成長はさせず、今後も社風を大事にしながら、着実且つ安定的に、緩やかな成長を目指しております。
当社は領域に特化しておりません。それは、モニター自身が様々な分野の領域を経験したいという要望が多いからです。そのモニターたちの希望を汲み取り、今後も領域を絞らず様々な分野にチャレンジしていこうと考えております。
応募を希望されている方に向けてのメッセージをお願いします。
一人ひとりの求められる能力や業務範囲は広い会社だと思います。
そういう幅の広い仕事をしたい人や、一緒に会社を成長させたいという思いを持っていらっしゃる方には、当社は合致すると思います。上からの締め付けや、無理難題の押し付けはしません。自由で自己管理に任せている会社ですので、外勤時以外は自由な服装で仕事が出来ますし、フレックスタイム制により通勤ラッシュを緩和して快適な通勤をすることが可能です。社員の働き易さを第一に考えた会社ですので、是非、ご応募をお待ちしております。

株式会社メディクロス 会社概要

会社名 株式会社メディクロス(MEDICROSS CO,Ltd)
事業所 本社:〒140-0023 東京都大田区山王2-5-13 大森北口ビル5F
大阪支社:〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3-3-9 ORIX久太郎町ビル6F
事業内容及び
製品
臨床開発支援業務
(おもにモニタリング、品質管理、データマネジメント、統計解析、メディカルライティング、医薬品開発に関する教育・研修支援業務、監査)
臨床試験、製造販売後臨床試験、臨床研究を中心に臨床試験の準備から実施までをトータルにサポート
設立 2007年3月12日
資本金 8,500万円
売上 6億3,900万円(2013年度)
社員数 88名(2014年4月現在)
特徴 ・東京本社と大阪支社で合計88名の社員を抱え、少数精鋭ながら大規模な
新薬開発も複数手掛けるなど着実に実績を積み重ねています。
・新卒・中途ともに毎年少数を厳選採用し、大量採用はしておらず、「人は財産」として社員を大切に育てる風土を持っています。
・クライアントからの信頼を得るために最も重要なのは「社員」の質と考え、入社後の教育研修を充実させています。
・実績のうち、約半分がGlobal Studyを手掛けており、今後も領域に特化せず、Global・Localともに受託していきます。
・社員が自主的に開催するクラブ活動や課外活動が盛ん。バドミントンやゴルフの集まりが最も多く、月1回程度実施しています。
・平均年齢:男性33歳/女性30歳

現在募集中の求人情報

一覧に戻る

ページトップ

Copyright © e-製薬 All Rights Reserved.